2015年04月24日

いじわる




おはよう
君に挨拶を返すとき
声が裏返らないか心配なの

気づくと君を見てしまう
友達が それに気づくと
茶化してくるの

どうしたらあなたの気を引けるかな
考えてみても お手上げ状態
だって
君の前に出たら
緊張しすぎで俯いちゃうから

君は私のことを
暗い子だと思っているかな
本当は君の前でも
笑顔でいたいの
君に笑って話しかけたいんだよ

おはよう
ある日いつものように俯いて君に挨拶を返した後
君は私の前で立ち止まった
「なぁ 俺の事嫌い? 俺なんかした?」
咄嗟に顔を上げてて私は言う
そんな事ないよ!
その声は見事に裏返り
君は そんな私を見て言うの
「お前 俺にだけ目あわせてくれないだろ」
「俺の事 よく見てるのにな」
私は答える事もできずに固まって
君は笑いながら自分の机に戻っていった
いじわるな君




ランキング参加中

お気に召したらクリックお願いします
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

小説 ブログランキングへ






【関連する記事】
posted by 竜星 もも嘉 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする